Ryosuke Iw pottery 陶芸作家 岩切良介

札幌で陶芸家のアシスタントをやってます。

トンボを作る

f:id:RyosukeIw:20210511022347j:plain

左:平串十竹串 右:竹串十竹串十収縮チューブ


修行11ヶ月目

Web個展に向けて、器の大きさを揃えるためのパスであるトンボを作りました。

 

トンボそのものの作り方は簡単なんですが、 使用している粘土を本焼きすると1割ぐらい縮むのでその分を足した寸法で作らなければなりません(土ごとに違うので必ずテストピースを作って割合を出します)。

f:id:RyosukeIw:20210511022246j:plain

材料

平串ダイソーなどのお店にあります。)

・竹串

 

道具

・ペンチor ニッパー

インパクトドリルなどの穴を開ける道具

グルーガン

 

主に平串と竹串を使います。また、折ったり切ったりするためにペンチを使います。

 

作り方

1.平串と竹串に収縮する分も含んだサイズを測って印をつけます。

2.印をつけた竹串を切ります。

3.平串の印をつけた場所に穴を開けて竹串を刺して中心を合わせて十字にします。

4熱くなったグルーガンから樹脂を押し出して巻きつけるようにして平串と竹串の合わせ目が埋まるようにします(冷めるまで動くのである程度バランスをとります。)

完成です。

 

番外編

今回、途中で平串がなくなって竹串だけになってしまったので配線などに使う収縮チューブを切って使いました。

 

作り方

1〜2まで同じ

3.収縮チューブに針などで穴を開けて横軸になる竹串を刺します。縦軸は動くのでこの時に位置を確定させます。

4.ヒートガンやライターの火で収縮チューブを縮めます。

5.まだ完全に固定されていないの隙間にグルーガンで塞ぎます。

 

作ってしまえば、平串と竹串を使ったトンボが一番丈夫で使いやすいと思いますが、収縮チューブは穴を開けなくても良いことで作りやすいのがメリットです(ホームセンター以外であるかはわかりませんが)。

 

修行期間、残り2ヶ月応援よろしくお願いします。

InstagramFacebookもよろしければフォロー宜しくお願いします

Instagramhttps://www.instagram.com/jam_master_t

Facebookhttp://facebook.com/idoholi

 

 

 

 

「Web個展開催決定」

f:id:RyosukeIw:20210502004427j:plain

基礎釉3種類と化粧の組み合わせのテストピースを作ったら30個ほどに...

 

修行11ヶ月目

卒業制作展にあたるWeb shopでの販売、「Web個展」の開催が決定しました。

7月中旬頃になります。

 

これからアイテムを作っていくわけですが、使うであろう主な基礎釉と化粧土のテストピースが窯の中です...

 

完成を目指して作っていきます。

 

修行期間、残り2ヶ月応援よろしくお願いします。

InstagramFacebookもよろしければフォロー宜しくお願いします

Instagramhttps://www.instagram.com/jam_master_t

Facebookhttp://facebook.com/idoholi

急須に化粧をかけてみる

f:id:RyosukeIw:20210424020246j:plain

修行10ヶ月目

今回、初めて化粧をかけました。10個近くかけたのですが全て取手にヒビが入っていました。また、ある程度わかっていたことですが化粧の粘性と茶漉しの表面張力で穴が塞がってしまいヒートガンの風などではあきませんでした。また、ズブがけでかけてみて穴が塞がってしまったので何種類か試してみました。

 

<試した掛け方>

ズブがけ(沈めて一度で全部掛ける)

中先外後(注ぎ口を指などで塞いで化粧をかけた後に注ぎ口から化粧を流して外を流しがけ+刷毛塗り)注ぎ口に化粧をかけることを考えると上手くいかない。

 

外先中後(蓋受けからフチまでを刷毛塗りをして乾く前にフチギリギリまで沈める。フチを再び刷毛塗りしてなじませます。内側に化粧をためてかけて注ぎ口から捨てます。)

外先中なし(外先中後の要領で外をかけて中をかけません。)

 

<結果と課題>

「ズブがけ」と「外先中後」の仕上がりは大体同じになりました。

化粧をかけましたが、全ての胴体、全ての取手にヒビが入り茶漉しが化粧でふさがるといった問題が生まれました。

 

「外掛け中なし」が取手の問題がなければ上手くいくことがわかりました。

 

「スブがけ」

長所

・一度でかけるために上手くかけられれば一番綺麗な仕上がりになる。

 

短所

・器全体に化粧がかかるために水分が生地に回りやすい。

柔らかくなり、乾燥のタイミングなどを間違えると主に取手に「歪み」や「ヒビ」、最悪「崩壊」する可能性があります。

 

・茶漉しが化粧で詰まる。

化粧の粘性と茶漉し自体の表面張力で塞がってしまいヒートガンなどを当てても化粧を抜くことができませんでした。

 

「外先中後」

長所

・片面づつかけるので全体としては歪みづらい。

 

短所

・ズブがけより極端に手間が増える(蓋受けを刷毛塗りしたり、注ぎ口を指などで塞ぐ乾燥させるといった手間が多くかかる。)

・上記と同様に茶漉しが詰まる

 

「外がけ中なし」

長所

・手間が一番少ない

短所

・注ぎ口をかける場合に手間が増える。

 

 

 

取手のヒビ

原因

取手をつける時に補強の紐をしていますが、取手と胴体の接着面の馴染みの化粧をかけた後の乾燥のさせ方が原因でと思うのですが、取手と胴体の接着面の馴染み具合も関係しているかもしれません。

これから、取手の形状と補強、乾燥のさせ方などを一つ一つ試していこうと思います。

f:id:RyosukeIw:20210424020305j:plain

機械的な風などを送っても化粧が抜けなかったので注ぎ口から強く息を送った結果...残念。

f:id:RyosukeIw:20210424020321j:plain

試すことはまだまだありますが一つずつ改善していきます。

 

修行期間、残り3ヶ月応援よろしくお願いします。

InstagramFacebookもよろしければフォロー宜しくお願いします

Instagramhttps://www.instagram.com/jam_master_t

Facebookhttp://facebook.com/idoholi

茶漉しを作る

f:id:RyosukeIw:20210421011931j:plain

修行10ヶ月目

以前作った、茶漉し用のポンスを持ちやすく手が痛くならないように太くしてみました。

 

今回は、お茶葉を通さずに液体だけを通す茶漉しを作りました。

「茶漉しの作り方」

1.まず、3mm厚に伸ばした粘土を丸く切り抜き剣山でガイドにするために軽く押し付けます。真ん中に一つ開けて「I」と「X」に4つずつ開けます(六角形に開けても良いと思います)。

f:id:RyosukeIw:20210421011946j:plain

2.  3段目の空いたスペースに穴を一つづつ一周開けます。

3.  4段目も同様に穴を二つづつ一周開けます。

4.  5段目も同様に穴を三つずつ開けます。

f:id:RyosukeIw:20210421011936j:plain

f:id:RyosukeIw:20210421011942j:plain

これで綺麗にできるはずなんですがまだまだムラができたりするので開ける順番や手順を考える必要があります。胴体に開ける穴の大きさなどで穴の数を増やしたりする必要があります。

 

修行期間、残り3ヶ月応援よろしくお願いします。

InstagramFacebookもよろしければフォロー宜しくお願いします

Instagramhttps://www.instagram.com/jam_master_t

Facebookhttp://facebook.com/idoholi

陶芸道具 ー自作剣先ー

f:id:RyosukeIw:20210413001414j:plain

修行10ヶ月目
本州は桜が咲いているそうですが、札幌は気温は上がりましたがまだ肌寒く春らしくありません。

 

今回は、板状に延ばした粘土などを切る道具である「剣先」を自作しました。普段は、ダイソーに売っている100円のデザインカッターのようなものか市販の陶芸用のものを使っています。ただ、ダイソーのものは本来は紙などを切るためのものなのか切れすぎると(粘土をかなり切ってはいますが)思っています。

自作しようとしている剣先は、厚手の粘土を真っ直ぐ切ることに向いています。

 

f:id:RyosukeIw:20210413001351j:plain

 

使用する道具と材料

*オレンジ色は必須だと思った物です。

【道具】

金槌(一本あればなんとかなります。)

・金床(叩く時に受ける)

ニッパー(竹串を切るだけではなく針金なども切断できるので必要)

・グラインダー(金属用のヤスリでも可能)

・バーナー(家庭用コンロなどでも代用)

インパクトドライバー(あったら穴を開けるの便利)

・万力

 

【材料】

傘の骨(刃になる)

竹串(固定用のクサビ)

・持ち手になる棒(穴を開けて刃を入れるのである程度の太さと強度が必要)

 

作り方

 

最初、傘の骨が長ければニッパーで10cm程度の長さにします。骨の叩き始めは金槌の丸いところで平らにするのですが撮り忘れました...

f:id:RyosukeIw:20210413001408j:plain

f:id:RyosukeIw:20210413001334j:plain

上記の作り方で、1.5cmと2cm,3cmの物を作りました。

f:id:RyosukeIw:20210413001318j:plain

グラインダーで刃になるように「線」で当てるようにして削ります。削りすぎるとやり直しがきかないので少しずつ力を加えつつも均等になるように立てて当てました。

f:id:RyosukeIw:20210413001338j:plain

中心からずれて刃が付いていたり反ったりしていることがよくあるので金槌で叩いて調節します。

f:id:RyosukeIw:20210413001414j:plain

バーナーやコンロで刃が赤くなるまで熱して水につけて急冷します。これで「焼き入れ」になり強くなります。水につけずに自然冷却すると「焼きなまし」になり柔らかくなるそうです。

f:id:RyosukeIw:20210413001548j:plain

最後に竹串を入れて抜けづらくするのですが...

f:id:RyosukeIw:20210413001346j:plain

2本目を何も考えずにやったら抜けなくはなりましたが、刃が上の方で固定されたうえに竹串が根元まで刺さりませんでした。影響はないですがちょっと格好悪くなりました。←反省材料

修行期間、残り2ヶ月応援よろしくお願いします。

InstagramFacebookもよろしければフォロー宜しくお願いします

Instagramhttps://www.instagram.com/jam_master_t

Facebookhttp://facebook.com/idoholi








 

板皿に挑戦2

f:id:RyosukeIw:20210403023358j:plain

修行10ヶ月目
新年度になりました。札幌はストーブを使わなくても寝られるようになりました(夜間は寒いのでつけながら作業しています笑)。

いま、板皿に挑戦しています。土の扱いに慣れるという意味合いもあります。

 

目標

・30cmの板皿を作る・

 

現状

・歪みやヒビ、キレができる。

 

改善点

・板皿の裏側に溝を掘るor高台をつけて化粧の処理をしやすくする、ねじれも減る

・コテで土をしめる

・手で土を寄せて上げるときに4本指で均一に上げる。

・上記の土あげの時に時計回りで一周したら半時計回りで同じく一周して土になるべく癖をつけないようにする。

 ・急乾燥させない(ヒートガンを当てる時も両面もある程度同じ速度で乾燥するようにする)

 

結果

・キレとヒビができずらくなった。

 

f:id:RyosukeIw:20210403023242j:plain

手で立ち上げ後にタタラを貼っって高台をつける。(フチの高さが合わないのと歪めないためにブロックなどで高さをだした)

f:id:RyosukeIw:20210403023319j:plain

f:id:RyosukeIw:20210403023325j:plain

ガイドをつけて正確に切り出せるようにする。

f:id:RyosukeIw:20210403023336j:plain

貫通しない程度に刃を入れて、ヘラなどでゆっくり剥がす。

f:id:RyosukeIw:20210403023341j:plain

皿の内側が完成時に30cm程度になる皿を作った。

下の四角い長皿は角が長く構造的にも歪みやすいためにこの後に化粧をかけたら歪んでしまい破棄。工夫が必要。

f:id:RyosukeIw:20210403023349j:plain

化粧をかけると高確率と逆ぞりが生まれやすくなりました。厚み、長さ、構造、乾燥と言った要素で歪みやすくなると思われます。

高台のタタラを貼るのを後にするとただ難しいだけなので板皿の両面をしめた後にすぐにつけて、馴染ませている最中にフチを立ち上げ後に歪まない硬さになってから高台を切り抜く方法にしました。最初に抜くとフチの立ち上げで歪むと考えたからです。

高台は紐をつける方法もありますが、現実的に考えられるのはタタラを貼った後に切り出すor石膏型ごと貼り付けるのどちらかだと思います。


修行期間、残り3ヶ月応援よろしくお願いします。

InstagramFacebookもよろしければフォロー宜しくお願いします

Instagramhttps://www.instagram.com/jam_master_t

Facebookhttp://facebook.com/idoholi

 

 








 

急須の注ぎ口100個(短期集中)

f:id:RyosukeIw:20210325021708j:plain

修行9ヶ月目

注ぎ口をちょうど良い厚さと大きなにひくために短期集中で練習しました。

 

目標

・口先を薄く、すそを広くひく

改善点

 ・細くひくために小指→割り箸

f:id:RyosukeIw:20210325021725j:plain

結果

・全体的にスッキリしました。

 

やればやるほど気になる個所がでてきますが以前は気にならなかったことが少しづつ修正できるようになったところも成長した点です。

次は胴体を改善したいです。

 

修行期間、残り4ヶ月応援よろしくお願いします。

InstagramFacebookもよろしければフォロー宜しくお願いします

Instagramhttps://www.instagram.com/jam_master_t

Facebookhttp://facebook.com/idoholi